LINE NotifyとIFTTTを使ってお手軽に作業の自動化をしてみた

はじめに

僕の会社では Slack を使っています。
Slack は様々なアプリとかんたんに連携できるところが本当に便利で、楽しく使っています。
(お問い合わせを Slack に飛ばしたり、 Githubにpushしたら Slack 通知したり etc)
ただ、通知は飛ばしたいものの会社外のプロジェクトだったり、個人のちょっとした通知やるためだけに Slackのチームをつくるのがめんどくさいな・・・と思っていました。

そんなことを考えていると、超いいタイミングで LINE が Slack APIのような超便利サービスをリリースしてくれました!

LINE Notify

f:id:technuma:20160930155018p:plain

準備

ログイン

LINEアカウントでログインして、 LINE Notify を有効にしてください。

notify-bot.line.me

手順

IFTTTと連携する場合

1クリックで使えるレシピを用意したので↓に置いておきます。

IFTTT Recipe: if tweet link then sends to line connects twitter to line

↓の記事がわかりやすかったので、 ifttt をつかってもっと自動化をしたい場合は見てみてください。

paiza.hatenablog.com

連携が完了すると、以下の画像のようになります。
※LINE Notify 以外の グループを選択した場合は、 必ず グループに LINE Notify を招待してください。

f:id:technuma:20160930160713p:plain

このようにリンク付きのツイートをすると、LINEに連携できます

f:id:technuma:20160930165523p:plain

GitHub と連携する場合

下記のリンクから GitHub の リポジトリ と LINE のグループ を選択して連携させる
※LINE Notify 以外の グループを選択した場合は、 必ず グループに LINE Notify を招待してください。

https://notify-bot.line.me/github/repos/select

このようにGitHubにpushなどをすると、LINEに連携できます

f:id:technuma:20160930165417p:plain

おわりに

Slack は 多くのアプリとかんたんに連携できるところが最高だなと思っていましたが、ついにLINEも実装されたので素晴らしいなとおもっています。 Slack でいう @ユーザー名 で通知飛ぶ機能も実装されたらいいなと思いました

この記事を書いた人

twitter.com