非エンジニアでも超手軽にサイト公開できるjekyll nowを使ってみた

f:id:technuma:20160927041626p:plain

ブラウザ上で完結でき、高速な静的サイトをジェネレートすることが可能な jekyll now をつかってみた

メリット

  • 強靭な github のインフラを無料で使うことができる
  • Livedoor や fc2のように広告やデザインに制限がない

デメリット

  • テーマディレクトリがないため、WPほど気軽にデザイン変更できない(変えるときはリポジトリごとForkする必要がある可能性)
  • プラグインが少ない

クイックスタート

https://github.com/barryclark/jekyll-now から Fork

f:id:technuma:20160927031213p:plain

https://github.com/[ユーザー名]/[リポジトリ名]/settings へ移動

  • rootディレクトリに配置したい場合
    リポジトリ名を [ユーザー名].github.io に変更

  • サブディレクトリに配置する場合
    リポジトリ名はなんでも可 その場合、 https://[ユーザー名].github.io/[リポジトリ名]

f:id:technuma:20160927032632p:plain

Source を master branchに変更

f:id:technuma:20160927032930p:plain

生成されたURLにアクセス

サンプルサイト

https://technuma.github.io

独自ドメインをあてたい場合

CNAMEを変更

f:id:technuma:20160927040201p:plain

8月にアップデートされてより便利に

変更前 : gh-pages branch のみ適用可能
変更後 : master branch または /docs folder にも設置可能に

参考 : https://github.com/blog/2228-simpler-github-pages-publishing

テーマ一覧

使用できるテーマサイトまとめ

https://github.com/jekyll/jekyll/wiki/themes
http://jekyllthemes.io/

※注意 古いテーマを使う場合は markdown の設定などが古い可能性があるため要確認
例えばmarkdownの項目が redcarpet になっているとビルド時に warning が出るので、以下に変更

markdown: kramdown
kramdown:
  input: GFM