PUSH通知サービスのParse.comがサービス終了したのでOneSingalを使い始めた話

PUSH通知サービスをいろいろと比較していて、今回これぞというサービスを見つけることができました。

OneSignal です。

OneSignal - Multi-platform Push Notification Service

以下経緯

PUSH通知を選ぶ際の基準

今回PUSH通知APIを探すにあたって、重視した点は
1. UUIDをエクスポートできること(別サービスに移行する際に必要)
2. サーバーからAPI経由でPUSH通知ができること
3. 無料枠が大きいこと

です。

OneSingnal

上記を踏まえてOneSingalのHPを開き、

f:id:technuma:20160213024521p:plain

Pricingを確認します。

f:id:technuma:20160213024535p:plain

・・・

f:id:technuma:20160213024603j:plain

なんと 無料 でした...!
Pricingって書いてあるから有料なのかと思いましたが、ただの粋な計らいでした。
↓ざっくり訳

  • 無制限のデバイス
  • 無制限のPUSH通知が無料
  • 無制限のセグメント
  • スケジューリング機能
  • リアルタイムアナリティクス
  • PUSH通知自動化
  • 全機能にAPI
  • ABテスト
  • データのインポート、エクスポート可能

速攻アカウント登録を済ませて管理画面を見てみました。

f:id:technuma:20160213025253p:plain

正直、OneSingalがすごすぎてどうやって利益だしてるんだろう・・・と思うレベルですが
人柱としてしばらく使ってみることにします

twitter.com